ようこそ信出版へ


信出版は、絵本•児童書•ビジュアル書•写真集などを中心に出版する電子書籍Kindleの出版社です。電子図書の利点としましては経費が安く出版できることと、もうひとつと、ても重要なことが作品が世界各地で販売されるということです。

信出版では、夢のある想像力に富んだ作品を求めておりますので、ぜひ、あなたの素敵な作品をお持ち込みください、お待ち申し上げております。


子育て絵日記の四年半が発売されました!


実録 子育て絵日記の四年半

作/おがわしげみ&よしお

 ¥479-

 

育児に悩むお母さんに読んで欲しい本です。親になると誰でもが笑い、泣き、喜び、悩むこれが子育ての基本だと思います。その時に「そうだったのか、誰でも経験しているんだ」とう場面に出会えると思います。 

 


絵本『くつろぎのTea Time』が発売となりました


絵本『くつろぎのTea Time

作;吉 緩詩子

絵;小山 慶子

¥496_

この絵本は、フランスの紅茶メーカーの流通に携わってきた作家がその後26年の間、紅茶のレクチャーを続けてきて、そこで確信した紅茶の一番の魅力を絵本にしました。

「この紅茶が好き!」とか、好みはさておき、そばにある紅茶で今すぐに体感できる、この絵本では紅茶の魔法のチカラをご紹介いたします。肩の力を抜きたいときに、まったりと緩みたいときに、お役に立てていただければ幸いです。

おいしい淹れ方もわかりやすくお伝えしています。紅茶を飲んでゆったりとくつろいでいるかのように、おうちでまったりと、職場でさりげなく、ホッとひと息つける絵本です。くつろぎの時間をお楽しみください。

 

 


『ナバホ族の創世神話』前篇が発売されました。


ネイティブアメリカンのお話シリーズ

『ナバホ族の創世神話』前篇

トルチーニ ディエニ

¥492ー

 

待望のナバホの神話が、ビジュアル化して出版の運びとなりました。以前からこの話は本として出版したかったテーマでしたが、なかなかの分量なので手間がかかりましたが、ようやく前篇としてますは一冊刊行となりました。


 

ネイティブアメリカンのお話シリーズ

『ナバホ族の創世神話』後篇

トルチーニ ディエニ

¥492ー

 

前篇に続きナバホ族に様々な試練が押し寄せてきます。彼らはいかにして現在のナバホ族になったのか。

 

 


新人漫画家の浅井日向さんの漫画が出版されました


まんが

『日に向かうまで』

作/浅井日向

448円

 新進気鋭の漫画家浅井日向が描き上げた味わい深い作品が発表されました。 ヒトが愛し合った時、僕たちは生まれる。産まれないけど、そこに生まれる何か‥ この漫画「日に向かうまで」は「たられば」「あとづけ」の二つの作品をまとめた短編集です。どちらも「人間が生まれる前のお話」かもしれないし、「ヒトがかたちになる前のお話」かもしれないし、産まれなかった命もあります。愛おしい命の話し、皆さんも何かを感じていただけたら嬉しいです。

 


絵本・旅で見つけた素敵なできごと 『旅のおくりもの』


絵本・旅で見つけた素敵なできごと 『旅のおくりもの』

さく/中村ちとせ

¥434ー

 

『旅のおくりもの』は銅版画作家でもある中村ちとせさんの絵本です。
作者はこれまで世界のさまざまな国々を旅されてきて、そこで出会い感
じてきたできごとを、この絵本のなかで、独自な作家の画風により楽し
く不思議な動物やキャラクターが登場する、世界感を持った素敵な絵本が
完成しました。是非、子供から大人の方にも読んでもらいたい絵本です。
さあ、この絵本を読んで旅の話しで盛り上がってください。


発売開始!KARAKURI塩浦カラクリ


KARAKURI

塩浦カラクリ作品集

塩浦信太郎

¥564--


『原宿からロンドンの露天商へ』原宿の竹下通りからロンドンへ


『原宿からロンドンの露天商へ』

作/シオウラシンタロウ

¥490-

初めての海外旅行でパスポートなど大切なものをすべてを失くした青年が、いちから這い上がる手段としてロンドンで露天商を始める。


もりもとさやこさんの絵本『かわさんいつもありがとう』が出版されました。


『かわさんいつもありがとう』

さく・え/もりもとさやこ

¥453-

 

『かわさんいつもありがとう』この絵本で作家としてデビューした森本さんは、とても優しい目線でものがたりを創作される方だと感じています、なんと言っても『かわ』に感謝の気持ちとやさしいポエジーと、ある時には「かわ」からはじまりファンタジーの世界へも誘ってくれる絵本だと感じております。(編集部)


『まんがのギオンゴとギタイゴ大集合』 さく/トニー田中

¥510円ー

 

 

日本のまんがの中によくで使われる、擬音語と擬態語を、その使われ方などを分かりやすくビジュアグで大集合させました。フランスでは、まんがなどで使われ る擬音語や擬態語にあたる表現をオイマトペと呼ばれていますが、やはりこの表現方法においては、やはり日本のまんがが群をを抜いて豊かな表現を持っていま す。


アメリカインディアンの子供を育てるふしぎなことば   著トルチーニ・ディエニ


ネイティブアメリカンのお話シリーズ

 

『アメリカインディアンの子供を育てるふしぎなことば』

著トルチーニ・ディエニ

¥455ー

 

ネイティブアメリカンの子供たちを見ていると、無邪気に草原を走り回り遊ぶ姿を思い出します。おそらくどこの国の子供たちも子供は小さな時は、無垢で心もキラキラしています。その子供達も、時間と共にそれぞれに個性が育ち成長して行きますが、やはり、子供の心を考えると、三つ子の魂百までと言われるように、幼少期に言われたことは百パーセントその子供の中に、いち度は入ってしまいます、それゆえに子供を育てるときに、是非気お付けたい、ことばの数々がネイティブアメリカンの世界に残されていたのだろうと思います。この言葉は、国を超えて役に立つ言葉だとおもいますので是非みなさんも役立ててください。

 


『想いだす』新人絵本作家ヤナザワヒロコさんがおくる絵本、本日から販売開始されました。

『想いだす』

作/ヤナザワヒロコ

¥446ー

 

うさぎから人間の女の子に変化していく…というキーワードから、この本は始まりました。
私は、思い通りにできずに、追い詰めてしまうときがあります 。必ず、誰かが声をかけてくれて、助けてくれました。
毎日、街ですれ違うのは、誰かの大切な人たち。みんなで支え合い、世の中は成り立ちます。
“一人じゃない” そんな想いを、この作品で表現しました。(著者筆)

 

 

 

 

 

 

◀ページ見本


ネイティブアメリカンへの旅の絵日記 シリーズ5冊


ネイティブアメリカンのお話シリーズ

『ナバホの旅まんが日記1』

 シオウラシンタロウ

 ¥503−

これまで13年間以上通い続けたネイティブアメリカンとの交流を絵日記として記録して来ました。この記録を読みたいという人たちのリクエストにお応えして出版することになりました。続編も引き続き出版予定です。

 

 

 

 

 

 

ページ見本

 

 

 

 

 

  ページの内容見本


アメリカ先住民の儀式と宗教


ネイティブアメリカンのお話シリーズ

『アメリカ先住民の儀式と宗教』

トルチーニ・ディエニ

¥515-

 

ネイティブアメリカンに人たちの宗教とは何なのか?儀式における宗教とは、各部族の神話、儀式、修行、などをとおして彼等の心の世界を探求しています。

 ページ数82


『まほうの手』が現れた!


『The Magic Hands』

Story and Picture /Shintaro Shioura

Translation/Yumiko Kikuchi

¥456ー

 

手を見ていると、当たり前に顔を洗い困った時には涙を拭う、このようにあらゆる場面で自分を助けてくれるこの手に光りを当てて見ると、手というものの素晴らしさを再発見します。

ページ数49

翻訳を菊池裕実子さんにお願いして素敵な、英語バージョンの絵本が完成しました。


ネイティブアメリカン10人の残したもの に続き

『続ネイティブアメリカン10人の英雄のこしたもの』が発売されました。

  前回10人だけを取り上げてみましたが、それではやはり物足りないと思いやはり気にな  る人物達を取り上げています。あの時代をそれぞれの立場で見たいたことが興味深い。


住まいから覗いたアメリカインディアン

 

ネイティブアメリカンのお話シリーズ

『住まいから覗いたアメリカインディアン』

編/トルチーニ ディエニ

¥354-

 

北アメリカ大陸に住む先住民は、これまでどのような住居に暮らしてきたのか、極寒の極北部のイヌイット族から温暖なフロリダのセミノール族までそれぞれの環境に適した建物を造っていました。

ページ数47


トリックスターの道化は笑いで真実を写し出す

ネイティブアメリカン

『トリックスターの道化は笑いで真実を

 写し出す』

編/トルチーニ・ディエニ

¥462-

 

アメリカインディアンにとって特別な存在なのがトリックスー道化である、各部族にはそれぞれのキャラクターの道化がいます。この人たちは普通の人たちが考えるこや、やることが必ず逆に行うことが運命となっているのです。そして彼らは笑いをもたらせますが、昔からアメリカインディアンの人たちは笑うのが大好きです、インディアンジョークなどもそのひとつですが、この本の中には数多くのまんがとジョークが掲載されています。

ページ数62

 

 

 

 

←ページ見本


星座ものがたりシリーズ第一弾

2016年に向けて12星座を出版していきますのでご期待ください。

星座占いが大好きなあなたに、あなたの星座はどのような物語を持っているのか知りたくはありませんか?ここに答えがあります。

 

 

 

 

 

 

 

『魚座・ビィーナスの誕生』

作/高菜 空

¥490−

愛の女神ビィーナスはいかにして誕生したのか?星占いに登場する魚座の正体はとは、それは愛の女神ビィーナスが大きく関係していることがわかります。

2月19日〜3月20日双魚宮

 

 

 

 

 

 

 

『山羊座・試された愛』

作/高菜 空

¥482-

山羊座、星座占いで登場する星座ですが実はこの星座もギリシャ神話の中で登場するお話です。山羊座は森を守るパーンと湖の妖精シュリンクスの悲劇のラブストーリーです。掟と自分の心に灯る愛の間で苦悩する二人の妖精のお話。

12月22日〜1月19日双魚宮

 

 

 

 

 

 

 

『水瓶座・羊飼いの水瓶』

作/高菜 空

¥485-

水瓶の中身は誰が見ることになったのか?羊飼いのガニメーデスは、なぜ天界に呼ばれて行ったのか?そこには白布キトンの魔力がありました。ギリシャ神話の中でこの白布がどのように繋がっていたのかがこの本で分かります。

1月21日〜2月19日

 

 

 



ネイティブアメリカンのサインランゲージ

アメリカインディアンは手と絵で話す  編/トルチーニ・ディエニ


『ネイティブアメリカンのサインランゲージ』

アメリカインディアンは手と絵で話す

編/トルチーニ・ディエニ

¥481−

 

アメリカインディアンの人たちが長く受け継がれて来た手話、岩絵、狼煙、などがたくさん掲載されています。

日本の手話との違いを見てみると興味深いですよ、彼らのサインランゲージはとても分かりやすいことから受け継がれて来たのでしょうね。





 ←ページ見本


作れるカラクリ博物館 作・トニータナカ 



『作れるカラクリ博物館』

作・トニータナカ

¥543−

 

からくり人形を作ってみたいと考えているかたにはこの本は最適かも知れま せん、初級では簡単な紙で作れるからくりを紹介し、中級では仕掛けもアイデアも少しアップしいますが、十分に創作可能です。そして上級編はじっくりまねして作ってみましょう。楽しさ満載です。

 




←ページ見本


雁になった少女アスカ  著者:浦野 桐 

ファンタジー小説 フランス在住の作家浦野桐さん待望の作品:全208ページ


待望の小説 『ネノイロ』ファンタジー(児童書)


ファンタジー小説(児童書)

『ネノイロ』音の色

不思議な音の力を持つアマゾンの小人の冒険

著者:群 洋大

¥683-

 

長編ファンタジー 201ページ フランスで頭角を出し始めた、新進気鋭のピアニスト アラン・小沢はブラジル公演の時に自分の操縦する軽飛行機で、アマゾン奥地に墜落してしまった。しかし奇跡的に助かった彼は、そこで不思議な小人が奏でる音楽に魅了される。

時がたちアマゾンから生還したアランはフランスに戻り脚光を浴びはじめるその影には、あのアマゾンの小人がいました。アランが奏でるピアノから色とりどりの色と同時に‥


まんが 焼けたロザリオ 

長崎の原爆を生き抜いた少年の数奇な運命と新たな心の世界


まんが

『焼けたロザリオ』

原爆を生き抜いた少年の数奇な運命と新たな心の世界

作/しおうらしんたろう

¥619-

田川少年は満州から3人家族で日本に帰って来たが

体の弱い少年が、近所の青年に鍛えられ軍国少年になってゆきますが、ある日長崎の上空に一発の原子爆弾が破裂し、一瞬に長崎の町は壊滅状態の焦土と化した、そこで少年が目撃した悲惨か情況は、少年も心も体もズタズタに壊していきました。

孤児となった少年は、夢遊病者のように焼けた町を歩いていると、気がつくと修道院の前に立っていました。

そこで出会ったコルベ神父の生きざま に触れ衝撃を受ける。



新作情報:2015年7月26日発刊ネイティブアメリカンの食文化と料理レシピ


『ネイティブアメリカンの食文化と料理レシピ』

編:トルチーニ・ディエニ

定価:619円

 

本書はアメリカインディアンの食文化を幅広く知ることが出来ます。トウモロコシ、カボチャ、マメアメリカインディアンの創世神話に関わる植物の三姉妹の話しや、実際に数多く料理のレシピが掲載され、だれにでもネイティブアメリカンの食文化を体験することが出来ます。

本のなかページ見本、料理のレシピは、美味しそうなカラーで掲載されております。


子連れ海外旅行紀 作/おがわしげみ           


『子連れ海外旅行紀』

作/おがわしげみ 

信出版

定価545円

 

小さな子供を連れて幾つもの国を旅をして様々なことを発見しました。初めての飛行機、初めてのレストラン、初めての動物との出会いなどなど笑える出来事が 満載です。この本はイラストで絵日記のような展開でページが進みますのでお気軽にお読みください、ほんの少しだけ海外旅行に行った気分を味わえますし、子 連れで海外旅行を計画されている人へのアドバイスになれると思います。

 

本編、総ページ148ページ

◀左はページ見本です。


『アメリカインディアンの言葉から学んだこと』

編/トルチーニ・ディエニ

信出版

定価601円

 

アメリカンインディアンの言葉 トルチーニ・ディアニのシリーズ第二弾

 

アメリカインディアンの各部族に受け継がれる言葉の数々、インディアンの10の掟の言葉など

 

 

 

 

 

◀ページ見開き見本


2015年3月16日発売

『オハカってなに?』

作/しおうらしんたろう

¥436-

 

ゆうくんが、おばちゃんのお墓参りに

来てみると、なんとかわいいオバケが現れたのです、そこから、このオバケとおはかめぐりの旅に出る事になったのですが、さてどんな旅になるのでしょうか、お楽しみに。

絵本48ページ

 

ゆうくんは、世界中のおはかをみてあるく旅にでました。ネアンデルタール人のいる時代から宇宙まで。


まんが、ジンギスカンの野望 作:群 洋大  第一巻~第三巻 完結発売  各¥362−

歴史ミステリーまんが、ジンギスカン(チンギス・ハン)は、どのようにして世界帝国をつくることができたのか、後のジンギスカンはテムシンとして誕生し、少年は様々な経験を経て成長し誰もなしえなかった、世界をひとつの力で広げて行く夢に向かって進撃して行ったのです。。この三巻では主人公の誕生から青春期、乱世期、成熟期そして、ジンギスカンが終焉を迎え亡くなるでの、激動の歴史ロマンが満載です。

 

第一巻 

この時代、モンゴルは万里の長城を境に各部族が

激しい戦いを繰り返していた。

その部族抗争のさなか、星を持つ少年が、モンゴルの名も無きブルカン岳の麓に誕生し、その子はテムジンとしてさまざまな試練を受けながらも成長して行く、歴史の大河歴史ロマンの幕開けの章です。


連絡先:信出版

183-0011 東京都府中市白糸台1-44-27

Tel:042-352-7298

Mail:s-shioura@jcom.home.ne.jp


電子図書を購入された方で、うまく画像が出ないなどの不具合が有る方は、
Kindleカスタマーサポートまで遠慮なく、ご相談してください宜しくお願いいたします。